思い出の手作り結婚指輪

思い出の手作り結婚指輪

結婚というものはやはり、時間が経っても色あせることのない、本当に素敵なものですよね。

結婚指輪を目にすると、私はいつも、結婚してよかったな、と心の底から思うんですよね。

というのも、私たちの結婚指輪は、手作りなんですよね。

意外かもしれませんが、最近は手作りが流行っているんです。

だから私の周りにも、結構結婚指輪を手作りした、という方はいらっしゃいますね。

もちろん、全部が全部自分で製作する、というわけではありませんよ。

それはやはり、職人さんの仕事ですからね。

でも、基本的な部分、例えばデザインとか、大まかな形なんかを、カップルで決めることができるんですよね。

だからこそ、私にとっては結婚が、人とは違った重みを持っているのかもしれません。

思い出にも残りやすいですし、何より指輪が世界でたった一つの、オリジナルなものだというだけでもう、私たちの結婚がとても素晴らしい、かけがえのないものに思えてならないんですよね。

結婚指輪はぜひ手作りで

結婚指輪には、特に思い入れがあります。

というのも、主人と二人で、結婚指輪を手作りしたからです。

一からすべて、というわけではもちろんありませんが、デザインは可能であればほぼこちらで考えられますし、土台作りなど、重要な部分を自らの手で進めていくこともできます。

職人さんのサポートも的確ですから、途中で挫折する、ということはまずありませんね。

そして、やはり手作りすると、非常に愛着がわいて、ちょっとやそっとじゃ手放せなくなりますね。

一時期、夫なんかは、お風呂以外の時は肌身離さずつけていたくらいでしたから。

一生ものになる手作りの結婚指輪

それくらい大切にされると、同じ指輪をしている私も嬉しくなりますし、それに指輪が目に入るたびに、二人で協力しながら手作りしていった当時が思い出されて、ああ、この人と結婚して本当に良かった、って再認識できるんです。

加えて値段もそこまで高くなく、普通よりむしろリーズナブルな場合もあるので、もうメリットしかありませんね。